【2019年7月】はてなブログの独自ドメインをXdomainで設定してみた

スポンサーリンク

f:id:Big-PaPa:20190805234936j:plain

【2019.8.02】

Xdomainを使用して、はてなブログ独自ドメイン設定をしたので、一連の流れとやり方をご紹介したいと思います。

これから、同サービスを使用する方の参考になれば幸いです。

 

 

1、ドメイン取得サービスを選ぶ

今回は、独自ドメインの作成に「Xdomain」を使用しました。

選んだ理由は、エックスサーバー株式会社が運営しており信頼性があると思ったこと、今後ブログを運営していく中で独自サーバーを設置する際に、Xサーバーがすぐに使えるのではないかと考えたからです。

(凄まじく安直な理由ですが、完全素人ということで多めにみてください)

 

 

2、Xdomainを使用してドメインを取得する

まず、Xdomainのサイトにアクセスします。

www.xdomain.ne.jp

 

サイトにアクセスすると、取得したいドメイン名を入力する場所があるので入力します。(すでにドメインが使用されていないか調べます。)

f:id:Big-PaPa:20190730144426p:plain

 

検索が終わると、下記の画面が表示されます。右側の検索結果が「◯取得可能です。」となっているものが取得可能なドメインになります。

f:id:Big-PaPa:20190730145636p:plain

 

今回は、ドメイン名を「ringo-nakami」で検索しました。1番上の「ringo-nakami.com」というドメインは当ブログで使用済みですので「×取得できません。」という表示になります。

 

取得可能なドメインで気に入ったモノがあれば、左側のチェックボックスにチェックをつけ、取得手続きに進むをクリックします。

その後は、流れにそって支払い方法や契約者の情報を入力していきます。

 

注意!!

WHOIS代理公開設定は必ず有効にしてください!これを有効にしないと、ドメイン取得の際に使用した個人情報が公開される恐れがあります。

 

3、Xdomain設定

無事に登録まで終了したら、ドメインパネルから【ネームサーバー情報】を設定します。

f:id:Big-PaPa:20190730174838p:plain

 

ネームサーバー変更画面で「Xdomainで利用する」にチェックを入れて、ネームサーバーの変更(確認)ボタンをクリックします。

f:id:Big-PaPa:20190730175033p:plain

 

この設定が終了すると、ドメインパネルのネームサーバー情報が変更されます。

 

次に、DNSレコードの設定を行います。

先ほどの【ネームサーバー情報】の設定変更をクリックし、ドメイン詳細の左側の DNSレコードのタブを選択します。

f:id:Big-PaPa:20190730180145p:plain

 

DNSレコード設定画面に切り替わったら、「新規レコードを追加する」ボタンをクリックします。DNSレコードを入力する画面に切り替わるので情報を入力します。

f:id:Big-PaPa:20190730180809p:plain

 

はてなブログでの設定は、上記画面の内容をそのまま入力すればOKです。

はてなブログのヘルプにも設定例が記載されています。

help.hatenablog.com

 

レコードの追加まで終了すれば、Xdomain側での作業は全て終了になります。

 

 

4、はてなブログ設定

最後にはてなブログ側の設定をしていきます。

はてなブログにログインして設定したいブログの「ダッシュボード」を開きます。その中の「設定」を選択します。

f:id:Big-PaPa:20190730185052p:plain

 

次に設定の中の「詳細設定」タブを選択します。

選択すると、独自ドメインの設定項目があるので、そこにXdomainで設定したドメインを入力します。

f:id:Big-PaPa:20190730185238p:plain

入力後ドメイン設定をチェックのボタンをクリックして「ドメインの設定状況:有効」となれば設定は全て終了です。

 

 

5、まとめ

最後にドメイン取得から、はてなブログ側での設定までの流れをおさらいします。

  1. ドメイン取得サービスを選ぶ(今回はXdomain) 
  2. ドメインを取得するWHOIS代理公開の選択を忘れずに!!)
  3. DNSレコード設定をする
  4. はてなブログの設定から独自ドメインを設定する

 

私の場合、30分程度で全ての設定を実施できました。

 

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました