【Mac】標準ソフトで簡単にPDFファイルの結合と分割

スポンサーリンク

f:id:Big-PaPa:20190805230136j:plain

※この記事は「Mac OS Mojave」を使用しての方法になっています。※

Macの標準インストールソフトでPDFの「結合」「分割」が簡単に出来ますので、その方法をご紹介します!

「PDFを整理したい」「一部分だけを抜き出したい」こんな時に活用してもらえます。

1、「プレビュー」を使用して結合・分割

1つめの方法は「プレビュー」を使用した方法です。

結合・分割したいファイルが少量の場合におすすめです。

・結合手順(プレビュー)

⑴PDFファイルを1つ開く

1つだけで良いのでPDFファイるを開きます。設定を変更していなければ、プレビューが自動的に立ち上がってくるはずです。

f:id:Big-PaPa:20190727153217p:plain

⑵サムネールにチェックを入れる

上部のツールバーから「表示」→「サムネール」を選択する。(チェックが入ればOK)

サムネールが選択されると、プレビュー画面の左側にサイドバーが表示される。

f:id:Big-PaPa:20190727160321p:plain

⑶結合したいPDFファイルをサイドバー部分へ追加

結合したいPDFファイルを選択し(複数可能)プレビューのサイドバー上にファイルを追加(ドラッグ&ドロップ)します。

※例では2ファイルを追加しています。

f:id:Big-PaPa:20190727163226p:plain

⑷PDFファイル結合完了

サイドバーに⑶で追加したファイルが表示されていれば、PDFファイルの結合が完了です。

あとは、保存するかプレビューを終了すれば結合されたPDFファイルが使用できます。

f:id:Big-PaPa:20190727163410p:plain

・分割手順(プレビュー)

⑴分割したいPDFファイルを開く

結合の手順と同様に、分割したいPDFファイルをプレビューで開き、上部のツールバーから「表示」→「サムネール」を選択し、サイドバーを表示させます。

サイドバーにはページ毎にファイルが表示されているはずです。

f:id:Big-PaPa:20190727164109p:plain

⑵PDF分割

サイドバー上に表示されているファイルで分割したいものを選択する。(複数可)

ファイルの選択が終了したらデスクトップ上へファイルを移動させます。

デスクトップ上に「◯◯(ドラッグされました).pdf」という名称のPDFファイルが新規に作成されていれば分割成功です。(使用しているOSで表示が変化する可能性あり)

f:id:Big-PaPa:20190729112153p:plain

※元のPDFファイルから分割したファイル(デスクトップにドラッグ&ドロップ)は消えずに残ります。

2、「Automator」を使用して結合・分割

2つめに紹介する方法は、「Automator」を使用する方法です。この「Automator」使いこなせるようになると、凄まじく業務効率が上がります。イメージ的には「エクセルマクロ」のように、フォルダー操作や編集をパソコンが自動でやってくれるようになるソフトです。

※使用前に簡単なフローチャートの作成が必要になりますが、基本的に誰でもできますし、私のマネをして作って頂ければそれでも動きます。

これも、最初からインストールされているソフトになりますが、あまり馴染みがないと思いますので、ソフトのインストール場所から説明していきます。

「Automator」の使用は大量のPDFを結合・分割するのにおすすめの方法です。

・ソフトインストール場所

まずはじめに、「Automator」を開きます。

インストールされている場所は、デフォルトでFinder→アプリケーションにあります。

写真のロボットが鉄パイプみたいな物を持っているアイコンが「Automator」です。

f:id:Big-PaPa:20190729141633p:plain

・結合手順(Automator)

(1)Automator設定

「Automator」を開くと下の既存のワークフローを選択する画面となるので、左下の「新規書類」をクリックする。

f:id:Big-PaPa:20190729145335p:plain

新規書類をクリックすると作成する書類の種類を選択する画面となるので、ワークフローを選択する。

f:id:Big-PaPa:20190729145358p:plain

ワークフローを作成する画面が表示されるので、ここからPDFファイルを結合させるためのフローを作成します。

使用する項目は、サイドバーの「PDF」と「ファイルとフォルダ」だけです。

f:id:Big-PaPa:20190729150713p:plain

PDFファイルを結合する時に使用する、項目は以下の通りです。

・PDF

「PDFページ結合」

・ファイルとフォルダ

「指定されたFinder項目を取得」

「フォルダの内容を取得」

「Finder項目を並べ替える」

「Finder項目を移動」

f:id:Big-PaPa:20190729151647p:plain

使用する項目を画面右側のワークスペースに追加していきます。

追加は、項目をドラッグ&ドロップもしくはダブルクリックで行います。

今回の場合は、使用する項目を以下の順番で並べてくれれば完成です。

  1. 「指定されたFinder項目を取得」
  2. 「フォルダの内容を取得」
  3. 「Finder項目を並べ替える」
  4. 「PDFページ結合」
  5. 「Finder項目を移動」

簡単にフローの説明をします。必要のない方は事項まで飛んでください。

1、指定されたFinder項目を取得

Mac上のどのファイルを開くかをここで指定します。

2、フォルダの内容を取得

1項目で指定したのはファイルまでですので、この項目で格納されているファイルを認識させ、指定させています。

3、Finder項目を並べ替える

結合順番を指定するためにフローに入れています。

今回は名前順にしていますが、目的に合わせて変更してください。

この項目を入れないと、結合した時にファイルの順番がバラバラになります。

4、PDF結合

1・2項目で指定したファイルを結合する工程です。

5、Finder項目を移動

4項目でPDFの結合までが終了しました。この工程ではMac上のどこに、作成したファイルを出力させるかを決めています。

私の場合はデスクトップに出力先を指定しています。

(2)Automatorを使用し結合

(1)で作成したワークフローを使用して、実際にPDFファイルを結合していきます。

結合したいPDFが格納されているフォルダを「指定されたFinder項目を取得」部分に追加します。

ファイルが追加されたら、右上の実行をクリックすれば自動でファイルが生成されます。(このワークフローではデスクトップに出力される)

f:id:Big-PaPa:20190729161918p:plain

・分割手順(Automator)

(1)Automator設定

分割の手順はすごい簡単です。Automatorで使用する項目は2つだけ「指定されたFinder項目取得」と「PDFを分割」です。

これを下記の画像通りに配置します。

f:id:Big-PaPa:20190729164117p:plain

(2)Automatorを使用し分割

分割したPDFの保存先を設定し、実行をクリックすると、ページ毎に分割されたPDFファイルが出力されています。

※指定したページ番号だけの分割はできません。あくまで、PDFファイルをバラバラにするだけです。

3、まとめ

今回、Macの標準ソフトでできるPDFの結合、分割方法を2つ紹介しました。どちらの方法もMacさえ持っていれば誰でも、いつでもできる方法です。

特に、Automatorをきわめて行けば、PDFの結合・分割などの簡単なことから画像のリサイズや自動でメールの返信などもできるようになるので、需要があるようなら深掘りをしていきたいと思います。

最後までお付き合いありがとうございました。

コメント

  1. […] 【Mac】標準ソフトで簡単にPDFファイルの結合と分割※この記事は「Mac OS M… […]

タイトルとURLをコピーしました