【ネタバレあり】神と人とのバトルが熱い!終末のワルキューレをご紹介!

スポンサーリンク

f:id:Big-PaPa:20190806134552j:plain
【2019.08.06】

人類が生き残りをかけて神様と戦う(タイマン)漫画「終末のワルキューレ
を紹介していきます。

1、どんな話なの?

終末のワルキューレ2019年の「このマンガがすごい!」の男性編ランキング5位に選ばれた作品です。

mangahot.jp

漫画の始まりは、神様たちの評議会で(ヴァルハラ評議会)人類の滅亡が可決されてしまうところから始まります。

神に勝手に決められた人類の滅亡を止めようとワルキューレが「神 VS 人類」の1対1勝負(タイマン)で滅亡か生き残りを決めようと提案し、神VS人類最終闘争(ラグナロク)が開始されることになります。

2、登場人物

序盤から世界各地の神様がこれでもかと登場します。
今回は、神側と人類側の代表13名を紹介します。

神側代表13名
・ゼウス
・釈迦
・ロキ
アポロン
・ポセイドン
・スサノタノミコト
ヘラクレス
・トール
毘沙門天
・アヌビス
オーディン
・ベルゼブブ
・シヴァ

この神様たちに人間が勝つって想像できないのは私だけでしょうか?
というか、ベルゼブブって神様に敵対する悪魔じゃないの?

人類側代表13名
始皇帝
・レオニダス王
ニコラ・テスラ
佐々木小次郎
ジャック・ザ・リッパー
・アダム
雷電為右衛門
沖田総司
・グレゴリー・ラスプーチン
・ミシェル・ノストラダムス
呂布奉先
シモ・ヘイへ
・坂田 金時

人類側代表に日本由来が多かったり、本当に存在したかどうか分からない人や、どうやってこの人は戦うんだ?って偉人も多いですね。

3、1対1勝負(タイマン勝負)

2019.8月時点で3回戦まで開催されたいます。

 1回戦:トール VS 呂布奉先
 2回戦:ゼウス VS アダム
 3回戦:ポセイドン VS 佐々木小次郎
 4回戦:
 5回戦:
 6回戦:
 7回戦:
 8回戦:
 9回戦:
10回戦:
11回戦:
12回戦:
13回戦:

※随時追加していきます。

4、ワルキューレの役割

この漫画のタイトルにもなっている、「ワルキューレ」ですがタイマン勝負の中でも重要な役割を果たします。

それは、「人類側代表の武器となり戦う」ことです。

武器となったワルキューレを使用することで、圧倒的な力の差がある神様と戦うことが可能となります。

5、この漫画の見所

バルト漫画ですから、神と人が戦うシーンが迫力もありおすすめです。

しかし、私は神と戦う人類側の過去の回想シーンが特におすすめです。

なぜ、この人物が人類代表になり得たのか、力の原点はなんなのかがキャラごとにしっかりと書かれているからです。

以上が終末のワルキューレの紹介になります。
漫画の1・2話が公式サイトで無料で読むことが可能なので、記事を読んで気になった!って人は是非、読んでみてください!

mangahot.jp

コメント

タイトルとURLをコピーしました